この記事は、現在放課後等デイサービスの利用を検討されている方やこれから利用をはじめられる方に、利用するとお子さんがどう成長していくのかわかる体験談です。

小学3年生の長女、小学1年生の自閉症スペクトラムの息子と超低体重で生まれた発達障害の娘を持つ、3児パパサラリーマンです。

パパが発達障害の情報や体験を発信するのは珍しいと思います。

発達障害児子育てを頑張っているパパやママにとって少しでもお役に立てればと思います。

「みんなちがうけど、みんないっしょ」をモットーに、発達障害児の育メン目指して頑張っていますので、よろしくお願いいたします!

自閉症スペクトラム障害と知的障害を抱える息子でも放課後等デイサービスをエンジョイできているのか?

小学校入学からスタートした放課後等デイサービスですが、息子にとっては初めての環境での生活となり、一気に活動の幅が広がりました。

新しい環境が非常に苦手な息子ですが、果たして放課後等デイサービスでの様子はどうなのでしょうか?

今回は、実際に通っている放課後等デイサービスでの様子を、ご紹介したいと思います!

意外に息子のコミュニケーション能力はある方?先生からの報告に驚愕!

一般的に、コミュニケーションが苦手とされている自閉症スペクトラム障害。

これは息子も例外ではなく、自閉症スペクトラム障害と知的障害を抱えている息子もコミュニケーションは苦手です。

本人は嫌いではなさそうなのですが、どうしても自分のことが中心となってしまうため、なかなかコミュニケーションを上手にこなすのは難しいです。

最初に通っていた幼稚園では、ほとんど発語が出てこなかったこともあり、自分の気持ちを上手く周囲に伝えられずに一人でいることが多かった息子ですが、年長になって保育園に転園してからは加配の先生の指導のおかげもあり、少しずつ発語が増えてきました。

卒園間近になると、少しずつクラスの友達と打ち解けてきて、とても楽しい保育園ライフを過ごしていたようですが、それでもやっぱり保育園に転園してから半年ぐらい経ってからのことなので、なかなか新しい環境に慣れるのは時間がかかるようです。

今回の放課後等デイサービスも、保育園ほど長時間ではないため、寧ろ施設に慣れるまで時間がかかってしまうのでは?というのが僕の目論見でした。

しかし、放課後等デイサービスに通いだしてから1ヶ月経った息子の様子を聞いてみると…

「最近はお友達と一緒にブロックで遊んでいますよ!」

との驚きのご報告が!

なかなかお友達と同じことをして遊ぶことができなかった息子。

幼稚園に通っていたころは、敢えてブロックで遊ぶ子がいなくなってから、一人で遊び始めるという、「敢えて一人遊び」しかやらなかった息子。

そんな息子が、お友達と遊んでいる…

放課後等デイサービスを通して、息子はまた一つ成長してくれていたようです。

さらに驚愕の実態!息子はしっかりとコミュニケーションを図っていた!

このお友達とのブロック遊びで、さらに驚きの実態が明らかになりました。

それは、お友達からブロックが取られてしまった時、それは僕のだから返してと伝えたということです。

これだけ聞くと、何も不思議な光景ではないように思われるかもしれませんが、実は息子は今まで同じようなことをされても、文句を言うばかりか、何事もなかったかのように遊び続けていました。

これは息子が優しいというわけではなく、相手に対して興味を持っていない(ブロックを取られたのに)か、文句を言いたいけど伝わらないから初めから諦めているか、のどちらかだったのです。

いずれにしても、自分の気持ちを伝えられていなかったところに、コミュニケーションの苦手さを露呈していました。

しかし、放課後等デイサービスでは、息子は自分の気持ちをしっかりと相手に伝えるという、言葉や言動のキャッチボールをしようと頑張っている…

僕やママが思っている以上に、息子は新しい環境であるにも関わらず、コミュニケーション力を身につけるために毎日頑張っているようです。

これはひとえに、息子が成長できる環境を整えてくれている、放課後等デイサービスの施設のおかげかなと思っています。

放課後等デイサービスは施設によって方針が違ったり、考え方が違ったりしますが、根本にあるのは発達障害を抱える子どもたちへの療育であり、しっかりと注意深く子どもたちのことを導いてくれていることに感謝しています。

パパやママよりも放課後等デイサービスの先生の言うことを聞く息子!

子どもが放課後等デイサービスの先生に対して、信頼しているかどうかをチェックしようと思ったら、「先生が息子を呼んだ時の息子の反応」を見れば一目瞭然かなと思います。

家では、僕やママが息子のことを読んでも、ほとんど返事がなく、仮に返事があっても、自分がやっている遊びを止めるようなことはありません。

しかし、放課後等デイサービスの先生が息子を呼ぶと、「はい!」と返事をして、遊びを止めてすぐに先生の下へ駆けつけます。

いやぁ、ここまで差が出るものなの?と思うくらい、息子は放課後等デイサービスの先生のことを信頼し、好いているようです。

「是非お忍びで一度見学にいらしてください!」

とも先生からお声がけを頂いていますが、今の様子を見ているだけでも、息子は放課後等デイサービスをしっかりと受け入れ、成長していってくれています。

お友達とも、先生とも良好な関係を築けているようなので、これからも楽しんで学んでいってほしいなと思います!